MENU TEL

インナーマッスルって腹筋運動では鍛えられないんですか?

多少の効果はありますが、昔ながらの「仰向けに寝て上体を起こす」という方法ではほとんど鍛えられません。
特に、上体が45°以上起きると腹筋にかかる負荷が著しく減少するので、「勢いよく起きて膝に肘をつけたら1回」という腹筋運動では、ほとんど負荷がかからないばかりか背中を痛めてしまう場合も多くあります。
また、「プランク」といううつ伏せでつま先と肘から先だけをついて体を支える運動は、インナーマッスルを鍛えるのには効果的ですが、その動きの少なさから腰に負担をかけてしまったり、上半身の重さがかかる肩や肘を痛めてしまうこともあります。
当院の業務用EMSは、そのような関節の負担なく、比較的短時間でインナーマッスルを鍛えることができます。
腰痛や頭痛、めまい、寝つきの悪さなど、姿勢の悪さからくる自律神経症状でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽に当院までご相談ください!

インナーマッスルのトレーニングはずっと続ける必要がありますか?

もちろん、維持するためには続けていただくのがベストですが、体幹筋、特に腹部のインナーマッスルは日常生活でも姿勢維持に使われる「遅筋」なため、一度つくと落ちにくいという性質があります。
アウターマッスル(速筋)はトレーニングをやめると1ヶ月で3割程度も落ちるのに対し、インナーマッスルは全くトレーニングをしていなくても1ヶ月で1%程度しか落ちないというデータがあり、日常生活で正しい姿勢を意識していれば、その維持率はさらに上がっていきます。
 
この特徴にはインナーマッスルが遅筋という持続力に優れた筋肉であることが関係していますが、遅筋は鍛えるのが難しい筋肉でもあります。また性質上、鍛える際にも早い動きのトレーニングよりも、ゆっくりとした動きや停止状態のトレーニングが多く、腰や肩の関節に負担がかかってくる場合も多くあります。
当院が設置している業務用EMSであれば、1週間に2回を3ヶ月という短期トレーニングで、姿勢維持に必要なだけのインナーマッスルを、腰などへの負荷なくつけることが可能です。
姿勢からくる腰痛や自律神経症状でお悩みの方や、ご興味のある方は、ぜひ一度お気軽に当院のEMS体験にお越しください!

インナーマッスルって何個くらいあるんですか?

正確にはインナーマッスルとは「体表から触れる筋肉以外の筋肉」を指すので無数にありますが、例えばお腹であれば、表面の腹直筋の奥に外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋という3つの筋肉があります。
後ろ側から見ると、最長筋・腸肋筋という筋肉の奥に多裂筋という筋肉があります。このどれもが姿勢維持などにおいて重要な筋肉ですが、とりわけ腹横筋は「天然のコルセット」と呼ばれるほど大事な筋肉です。
 
ボウリングの球ほどもあるという頭の重さをしっかり真下から支えるためには「正しい姿勢を維持する」ことが最重要ですが、腹部のインナーマッスルが弱いと腹圧を保つことができず、背中側の筋肉に過度に負担がかかってしまいます。その負担を支えきれなくなると姿勢が悪くなり、脊柱起立筋群がどんどん硬くなって腰痛などの症状に繋がってくるのです。
筋肉は一度硬くなってしまうと自分で治すことは難しく、逆にそこをかばってどんどん悪い筋肉が広がっていきます。そのような悪循環を断ち切るためにも、当院の寝ているだけで鍛えられる業務用EMSを使ってインナーマッスルトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか!

EMSのトレーニングってどんな流れで行うんですか?

まず、患者様のお体の状態を伺って、どこの筋肉が弱っている(不足している)のかを診察していきます。
例えば腰痛の場合は姿勢を矯正するため腹部のインナーマッスルを、下半身の筋力低下から膝などに痛みを出している場合は大腿部の筋肉を鍛えていくといったように指針を立てます。
その上で、患者様に合った電気の波形タイプや電極パッドの貼り方を決定し、トレーニングに入っていきます。
トレーニング時間は基本的に週2回、各30分をおすすめしております。トレーニング中はほぼ寝ているだけですので、その時間を本やスマホに使っていただいても、仮眠にあてていただいても結構です。
 
用途は多岐に渡りますが、基本的には姿勢矯正や骨盤矯正による腰痛などの症状改善が主になります。もちろん筋肉量が増えると代謝もアップしますので、副次的に体重の減少やスポーツパフォーマンスの向上といった効果も表れてくることが多々あります。
姿勢を矯正したいという方、体は鍛えたいけどジムは続かなさそうという方は、ぜひ一度お気軽にEMS体験にお越しください!

継続が肝心です

日々EMSの体験会をやられる方が増えていますが、正直な話一回行っただけではなかなかEMS本来の効果は実感してもらえません。人によって即効性のある方・ない方といらっしゃいますが、継続的に鍛えることによって着実にインナーマッスルがついていきます。鍛えることによって普段の生活もより良い生活を送ることが出来ます。

インナーマッスルを自分で鍛えるにはどのくらいトレーニングが必要ですか?

これは当然ながら「どの程度鍛えたいのか」にもよりますが、一般的にインナーマッスルを鍛えるのはアウターマッスルを鍛えるより時間がかかると言われています。
目標を「姿勢維持のために十分な量」に設定し、週2回1時間トレーニングしたとしても、効果を感じるには最低3ヶ月から半年は必要になるでしょう。
その理由として、インナーマッスルは遅筋/速筋の分類でいうと遅筋であり、遅筋を鍛えるには「負荷を増やす」ことよりも「時間を伸ばす」ことが求められる点があります。
また、インナーマッスルはアウターマッスルなどの見える筋肉に比べて意識しにくく、筋肉を意識することが効果に影響してくる筋トレにおいて不利な条件になっていることも理由として挙げられます。
さらに、インナーマッスルを鍛えるトレーニングには同じ姿勢を維持するものが多く、肩や腰への負担が大きいことも続けるのが大変な理由になっています。
 
当院の業務用EMSは、そのような身体への負担は最小限に、比較的短時間でインナーマッスルを鍛えることができます。ご興味のある方は、ぜひ一度当院までEMS体験にお越しください!

お腹のインナーマッスルを鍛えるとなぜ腰痛が楽になるんですか?

腰痛にはさまざまな要因が関与していますが、大きな原因のひとつとして姿勢の悪さがあります。その姿勢の悪さに関係しているのが、背筋(脊柱起立筋群)と、腹筋、特にお腹のインナーマッスルです。
 
背すじに関係しているのは背筋だけと思われがちですが、実際のところ背骨より前にある内臓を、その後ろにある背筋だけで支え続けるのは厳しいものがあります。その背筋の負担を軽減するために、腹筋に力が入ることによる「腹圧」が必要になってくるのです。
 
腹部には体幹の可動性を確保しつつ内臓を守るために4層もの筋肉があり、その最も深層にある腹横筋は、別名「天然のコルセット」とも言われるほど、姿勢を維持する上で重要な役割を担っています。この腹横筋を鍛えるには「ドローイン」という、腹式呼吸でお腹を凹ませた状態で息を止めるなどの方法があります。しかし、一般的にインナーマッスルは0を1にするのが難しい筋肉といわれ、自分で1から鍛えようとすると相当な時間がかかります。
もちろんやっていけば着実についていくとは思いますが、インナーマッスルは腹直筋などのアウターマッスルのように、「鍛えると割れてくる」ということもないため、挫折してしまう方が多いのです。
 
当院の業務用EMSは、30分で腹筋運動に換算して9000回分というトレーニング効果があるといわれ、お腹のインナーマッスルを効率的に鍛えることができます。
ご興味のある方は、ぜひ一度当院まで体験にお越しください!

骨盤矯正に特化しております

骨盤矯正はただ骨盤だけの位置を調整するだけではすぐ戻ってしまいます。筋肉をしっかり付けたり、治療することで骨盤が元の位置に戻って矯正され、骨盤本来の動きや内臓もしっかりした位置に戻ってくるので非常に大事な部分です。なかなか鍛えづらい部分ではあるので、一度インナーマッスルを付けると落ちづらい筋肉ですのでこの機会に是非お試し下さい。

腰痛改善・防止にも効果的

EMSを週2回やることで腰痛・姿勢・骨盤のズレに関与してくるインナーマッスルに対して非常に効果的で、鍛え上げることで腰痛改善・姿勢、骨盤矯正してくるのでなかなか鍛えることも難しい部分であるので、鍛えることでより日常生活を快適にかつ辛さが出ない日々を送ることが出来ます!随時体験会も行っているので是非お試し下さい!

EMSって痩せる効果はありますか?

当院のEMSはあくまでインナーマッスルを鍛えることによる腰痛改善・姿勢矯正が主目的になるため、痩せる効果自体を売りにしているものではないですが、筋肉量が増えることや骨盤が安定することによるダイエット効果はあるといえるでしょう。
注意点として、筋肉が増えると、一時的に体重は増えます。しかし、特別食べる量が変わっていないのに体重が増えるということは筋肉が増えている可能性が高いため、ここで一時的に体重が増えれば増えるほど筋肉がついており、その分、体脂肪率が減っていることを示しています。さらに、筋肉が増えたことによる基礎代謝の向上に伴って、太りにくく痩せやすい体になっていくでしょう。
当院のEMSはあくまで治療の一環として実施しておりますが、スポーツパフォーマンスの向上や骨盤の矯正など、副次的な効果についてもご好評を頂いております。ご興味のある方や体験をしてみたいという方は、ぜひお気軽に当院までご連絡ください!

EMSで実際どのくらいの筋肉がつくんですか?

先日の記事でも触れましたが、当院設置EMSのインナーマッスルに対するトレーニング効果は、腹筋に換算すると30分で9000回分にもなるというデータがあります。負荷のかけ方によって多少差は出るとはいえ、どんなに楽な方法でやっても30分で9000回近い腹筋ができるという人はいないでしょう。
その結果として当院のEMSは、30分を週2回、3ヶ月のメニューで基礎代謝が6%アップするというデータがあります。
基礎代謝は筋肉量に正比例し、水分を除いた体組織のうち、筋肉が50%近くを占めていますが、腹筋周りのインナーマッスルだけでそれが6%アップすると考えると、効果の程がお分かりいただけるかと思います。
特に、インナーマッスルは一般的に0を1にするのが難しい筋肉と言われており、これと同じだけのインナーマッスルを付けようと思ったら、同じトレーニング周期で1回3時間は必要になるでしょう。
 
腰痛改善、骨盤矯正、姿勢矯正だけではなく、基礎代謝を上げることで「リバウンドしないダイエット効果」もあるEMSトレーニングを体験してみたいという方は、ぜひお気軽に当院までご連絡ください!

EMSを持っていた友人が「効かない」と言っていたんですが・・・

そのEMSはおそらく市販のEMSだと思いますので、市販のEMSが効かない(効きにくい)理由をご説明致します。
まず第一に、市販のEMSの多くは電源が充電式であることが挙げられます。
充電は「持ち運びが楽=動きながら付けていられる」というメリットがありますが、充電容量を確保しようとすると本体価格も重量も上がっていきます。この2つに折り合いを付けるため、やはり出力自体が不足している商品が多くなっています。
これに対して、当院の業務用EMSはコンセントから電源を直取りしているため、十分な出力を出すことができます。
また、通電方式にも違いがあります。
市販のEMSの多くは、本体価格を下げるために「パルス波」という直流電流に近い方式を取っています。これはテレビでよくあるリアクション目的の痛い電気と同じ通電方式であり、通電する際には肌にピリピリとした刺激があります。そして、出力を上げるほどその刺激は強くなります。
これに対し、当院のEMSは「正弦波」という交流電流のような通電方式なので、肌のピリピリとした刺激がありません。これによって、コンセントから電源を取っているメリットを十分に活かし、強い電気を流すことができるのです。
 
このように業務用EMSには、市販のEMSでは価格などの条件から実現できない部分が多くあり、その差が効果の差としても出てきます。
腰痛や姿勢改善などに効果的な、インナーマッスルトレーニングにご興味のある方は、ぜひ一度当院のEMS体験にお越しください!

EMSのトレーニングってどのくらい続ければいいんですか?

当院で最もおすすめしている、医師の監修によるデータに基づいたエビデンスがあるプランは「週2回、3ヶ月」というコースになります。
一般的に維持しやすいが鍛えるのは難しいといわれるインナーマッスルですが、この3ヶ月間だけ通っていただければ、姿勢維持に必要といわれるインナーマッスルが十分につくというデータがあります。具体的には、3ヶ月で代謝が平均6%アップします。
6%というとそれほどではないと感じられるかもしれませんが、水分を除いた体組織の50%近くを占める筋肉が、お腹周りのインナーマッスルだけで約6%増えると考えると、効果のほどをお分かりいただけるかと思います。
 
ジムなどでインナーマッスルを鍛えようと思った場合、ゴールがない辛さから挫折してしまう方も多くいらっしゃるようですが、EMSであればしっかりと期間を区切って鍛えることができます。
腰の痛みや姿勢の悪さに心配のある方は、ぜひ一度当院の治療としてのEMS、インナーマッスルトレーニングの体験にお越しください!

EMSって痛くないですか?

市販のEMSは、そのほとんどが「パルス波」といわれる直流電流のような通電方式のため、肌にピリピリとした痛みが走ります。
これに対し、当院の業務用EMSは「正弦波」という交流電流を流すことができるため、肌表面の痛みはほとんどありません。肌の痛みがないことによって市販のEMSよりも強い電気を流すことができるため、必然的にトレーニング効果も高くなっています。
 
それならなぜ市販のEMSは正弦波にしないのかというと、単純に交流のほうが装置的に複雑で、製造コストが高くなってしまうからです。市販の安価なEMSのヘルツ数が10~1000ヘルツ程度であるのに対し、当院のEMSが最大16000ヘルツまで上げられるという違いも、同じく製造コストからくる違いといえます。
 
過去に市販のEMSを使用した際に「ビリビリするのが苦手だった」という方でも、当院のEMSは痛くないとご好評を頂いております。電気というだけで敬遠している方はぜひ一度、腰痛改善・姿勢矯正に当院の業務用EMSをお試し下さい!

EMSは本当に必要なのか

当院でも導入しているEMS。みなさんもEMSを体験したことがありますか?例えば、痛い・効果あるの?等色々疑問を持たれる方もいると思います。もしそのような疑問を持たれる方がいましたら一度体験会へ足をお運びなって体験してみてください!市販で販売されているEMSとは違い表面の筋肉ではなく、深いインナーマッスルに刺激を与え、今まで鍛えられていなかった部分を鍛えることがピンポイントでできます。なので、最初はチクチクという感覚よりもお腹の中をかき乱されるような感覚に近いかも知れません。インナーマッスルが無い人ほど辛いと思いますが、それほど弱っている証拠と患者様・スタッフも認識できますので、今現在自分がどれほどあるのかも数値化できる場面でもあります。
体験会は随時行っているので気になる方・体験したい方は当院までご連絡お待ちしております。

産後の骨盤の歪みにEMSがいいと聞いたんですが、実際どうですか?

これはその通りと言えます。骨盤の歪みの原因には2種類あり、どちらも骨盤につく筋肉に問題があることは共通していますが、ひとつはその筋肉が硬くなって骨盤が引っ張られるケース、もうひとつがインナーマッスルの筋力低下によるケースです。
このうち、筋肉疲労からくる歪みには筋肉の治療が必要ですが、それほど疲労がなく、単純な筋力低下による歪みであれば、EMSはインナーマッスルを鍛える上で非常に効果的です。
産後はホルモンの働きにより骨盤が開き、歪みが起きやすい状態になっていますので、その状態でトレーニングをするとかえって歪みの原因になってしまう場合があります。特にインナーマッスルはアウターマッスルより鍛えるのが難しく、しっかり筋肉がつくようなハードなトレーニングは産後の体調的にも厳しいという方が多いのではないでしょうか。
その点、EMS(電気刺激)であれば、身体に余計な負担をかけることなく、骨盤周りのインナーマッスルだけを効果的に鍛えることができます。
 
小さいお子様連れの方も、曜日によってはベテラン女性スタッフがお世話させて頂くことが可能ですので、ベビーカーなどでお越し頂いても結構です。
骨盤の歪みが心配な方は、ぜひ一度当院の体験会にお越しください!

多少キツくても、EMS(電気刺激)より普通に動かして鍛えた方が鍛えられませんか?

これは全くそうとは限りません。例えば、体幹トレーニングで有名な、今まさに活躍中の某サッカー選手は、毎日2時間プロのトレーナーをつけてインナーマッスルを鍛えたそうです。当然、プロサッカー選手と我々一般人では必要な筋肉量も違ってきますが、逆に腹筋が割れているようなプロサッカー選手でも、インナーマッスルを鍛えようと思うとそのくらいの時間が新たに必要になってくるのです。
これに対し当院のEMSでは、週二回・30分を三ヶ月続けるだけで、姿勢維持に必要となる分の腹部のインナーマッスルが付く事が裏付けられています。
 
また、一般的な腹筋運動に換算すると当院のEMSは30分で9000回ほどの効果があるという実験結果があります。もちろん、腹筋の負荷のかけ方によって多少差が出ると思われますが、どれだけ楽なやり方で腹筋をしたとしても、9000回近い腹筋を30分でできる人は存在しないでしょう。
腰痛をお持ちの方、姿勢が気になる方、代謝の低下が気になる方は、当院のEMS体験にぜひ一度お越しください!

市販のEMSをずっと続けた方が鍛えられるのでは?

表面の筋肉(アウターマッスル)であれば、しっかり続ける限りはそうかもしれません。しかし、インナーマッスルを市販のEMSで鍛えることはほぼできないと思っていただいた方がいいでしょう。
というのも、インナーマッスルを鍛えるためには当然、体の深いところに電気刺激を入れる必要があり、それには高いヘルツ数が必要になります。このヘルツ数はちょっとコイルを増やしたくらいで増えるものではなく、家庭用EMSの値段で実現するのは難しいのです。
また、家庭用EMSは多くが充電式のため、そういう意味でも出力に限界があります。例えば某海外サッカー選手が宣伝しているEMSパッドは、最大でも20ヘルツです。これに対し、当院に設置している業務用EMSは最大16000ヘルツまで出すことができ、奥の筋肉までしっかりと刺激を伝えることができます。
 
インナーマッスルは0を1にするのは大変ですが、一度つくと日常生活の姿勢維持に使われるため、なかなか落ちにくい筋肉と言われています。体幹の筋のトレーニングにご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください!

EMSについて

みなさんは普段運動やジムなどで体を鍛えていますか?身体を動かしたり、筋肉をつけることは非常に素晴らしいことであり、健康的な身体を作り上げることができます。また、筋肉をつけることによって代謝アップや身体の引締めたりなど見栄えもよくなり、良いことがあります。ですが、なかなか時間がとれなくて筋トレができなかったり、毎日やるのはめんどくさいなど維持をし続けるのは非常に難しいと思います。特に筋肉にもアウターマッスルとインナーマッスルと分かれてまして、主にみなさんがジムとで鍛えているがアウターマッスルがほとんどです。中にはしっかりしたフォームでインナーマッスルを鍛えている方もいますが、ほとんどはインナーマッスルを鍛えているはずが実はアウターマッスルっていうパターンがほとんどです。まずアウターマッスルとインナーマッスルの違いとしてはアウターマッスルは表面の筋肉です。いわゆる見栄えがよく見える筋肉です。分かりやすい部分で言えば、腹直筋っという筋肉で腹筋がバキバキに見える筋肉です。インナーマッスルがアウターマッスルより深い場所に位置する筋肉で、主に、姿勢保持や関節の位置を安定させている筋肉なんです。どちらも大事なんですが、インナーマッスルが衰えてくると腰痛の原因、姿勢が保持できなくなり、腰や背中が丸くなり猫背の原因にも繋がってくる筋肉なのです。ただ、衰え方としてはアウターマッスルより衰えにくいのですが、逆を言いますと、鍛えづらい筋肉でもあるんですよね。今日から頑張ってインナーマッスルを鍛えようとしてもどうしてもアウターマッスルのほうが優位に働いてしまい、結果、アウターマッスルのトレーニングとなってしまうのです。プロの選手たちは専属のトレーナの元、行っているのでインナーマッスルを鍛えていますが、あまり知識がない人が行っても難しいのが現実です。
効率よくインナーマッスルを鍛えたいという方におすすめしたいのが当院で新しく導入されたEMSとい機械が導入されたのですが、ピンポイントでインナーマッスルに刺激を加えてなおかつ寝ていながら鍛えられるので長い時間無理なく続けられるものです。
随時当院でもEMSの体験会を行っているので気になったり、やってみたい方がございましたら、当院まで電話や足を運んでいただければできますので、お待ちしております。
私たちと一緒に健康的な身体作りしていきましょう!

週2回30分を3ヶ月続けることで筋力アップにつながります

三鷹市下連雀にある喜楽整骨院で行っているトレーニングメニューが新しく導入されました。
最近運動不足でお悩みの方。または運動して筋力をつけたいと思っている方
運動したいとは思っているけれどもなかなか続けられない方

様々な理由はあるかと思いますが、そんな方におすすめしているメニューになっております。

姿勢改善による腰痛、頭痛も一緒に改善いたします。

三鷹市下連雀にある喜楽整骨院が行っているEMSを使ったトレーニングは深層筋に直接刺激を入れて深層筋の筋力を上げる効果があります。
深層筋の筋力が上がることによって長時間同じ姿勢をとっても大丈夫のようになってきます。
その結果姿勢も安定して身体のかばいがなくなるので症状改善も早くなります。
興味のある方はお気軽に御相談ください。

EMS-indepthとは??

ナチュラル整骨院東高円寺院では、EMS装置【indepth】というトレーニング機器を導入しています。EMSとは「エレクトリカル・マッスル・スティミュレーションの頭文字を取ってEMSと呼ばれています。日本語に訳すと「電気的筋肉刺激装置」です。
人間の筋肉は通常、脳からパルスと呼ばれる電気信号が流れて収縮し身体を動かしています。このEMS装置では脳の代わりに、体外から電気信号を直接送り、筋肉を動かす装置となります。
EMS装置活用方法は、通常自分ではなかなか動かすことが難しい筋肉をトレーニングしたり、普段筋トレ(運動)が出来ない方に対しての筋トレ(運動)の補助マシンとして活用していただくケースが多いです。
実際にご自身でのトレーニングをするとしても中々継続することが難しかったりやインナーマッスルは身体の内側にある筋肉なので、自力でトレーニングすることは中々難しい筋肉なので短時間で効率の良いトレーニングがないのが現状です。

EMSで筋肉を鍛えていきましょう!

インナーマッスル、深層筋を鍛えることによって体が変わってきます!インナーマッスルが衰えると代謝が下がり太りやすくなってきます!三鷹市下連雀にある喜楽整骨院ではEMS装置を導入し寝ながら楽に運動できます!ぜひお待ちしております!

新メニューEMSトレーニングとは?

最近、運動不足で何とか体を動かそう、ただ、運動するにはハードルが高い、そんなあなたにとっておきのものがあります!

それはEMSといいまして寝ながらにして筋肉が鍛えられる夢のような装置なのです!

電気刺激によって筋肉に刺激が入り筋肉が引き締まった感じが出てきます!

よく通販で販売されているEMSがあります!通販の番組で販売されているものは実は電気の出力が弱く2000ヘルツぐらいのものが多いです!

インナーマッスル、深層筋に刺激が入っていくものは4000ヘルツ以上の電気刺激が必要になってきます!

当院のEMS装置はお医者様が考案したものを使用しているため、理論に基づいて作成されています!

実際に説明しただけではわからない部分があります!

今、体験を実施しておりますのでよろしくお願いします!

身体の鍛えたい場所に電気パッドを取り付け、電気を流しているだけで、筋肉が鍛えられるというものです。

人の体は、脳からの電気刺激で筋肉を縮ませ、身体を動かしています。なので電気を身体に流すことで筋肉を動かし筋肉を鍛えることが出来るんです。このEMSがしっかりと鍛えたい筋肉はインナーマッスルです。インナーマッスルとは深層筋ともいい、表面に見えているアウターマッスルではなく、深層にある筋肉なんです。

インナーマッスルは骨を支え、姿勢を保つために大きな役割を果たしています。

最近インナーマッスルが弱ってしまっている方が増えています

スポーツをしている方は、日頃から鍛えているんで大丈夫だと思いますが、運動をする時間のない社会人の方などは筋力がどんどん低下していきます。使わない筋肉は凄いスピードで衰えていくんです。特にインナーマッスルは普段意識していても、うまく使うことが難しく、知らないうちに衰えていることが多い筋肉なんです。

また、日常的に運動されている方も同様です。インナーマッスルをうまく使うことは難しいんです。それは意識することが難しいからです。

表面にあるアウターマッスルは動かす事で意識しやすい筋肉です。しかし深層筋は奥にある上に、触りにくく、関節を動かしても意識しにくい筋肉なんです。

トレーニング方法もあります。ですが普段から慣れてない方が急にはじめても、なかなか効果が出しづらいです。

この鍛えにくいインナーマッスルを簡単に鍛えることのできる機械を今回導入しました。それがEMSです。

この機械はしっかりと深層筋まで電気を届かせることが出来ます。深層筋に届かせるには周波数が4000ヘルツ以上が必要です。当院で導入した機械dと4000~16000ヘルツの周波数なので効率よく深層筋を鍛えることが可能です。

三鷹市下連雀にあります喜楽整骨院で行っているEMSで簡単にトレーニングが出来ます!

三鷹市下連雀にあります喜楽整骨院で行っているトレーニング方法はEMSといいまして寝ながらにして気楽にできるトレーニングです。電気刺激によって筋肉に刺激が入り筋肉が鍛えることが出来ます!筋肉は普段の生活だけではなかなか鍛えることが出来ません。よくいうインナーマッスルといわれている筋肉に対してはなかなか鍛えることが難しく、仮にトレーニングをしたとしてもなかなかうまく鍛えることが出来ないところです。そこで三鷹市下連雀にあります喜楽整骨院で行っているEMS装置はインナーマッスルに電気刺激が入っていくことによって痛みを伴うことなく効率よく刺激が入り筋肉が鍛えることが出来るのです!体幹と言われているお腹周りの筋肉は分かりやすいと思います!特にお腹周りの筋肉は4つ筋肉がありますがわかりやすい筋肉ですと腹直筋という表層にある筋肉がイメージできると思います!実はその深層にあります外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋という筋肉が骨盤ベルトとしての役割を果たしているのです!その3つの筋肉が衰えている人が非常に多いのです!EMSでトレーニングしてみませんか?

当院のEMSで深層から鍛えて今ある不安を解消しませんか??

このEMSは寝ながらでも簡単に筋肉にトレーニング効果を出すことが出来ます。

筋肉は脳からの電気的な刺激によって動かしています。鍛える時、筋肉が縮むことで鍛えられます。

EMSは脳からの信号ではなく、電極パットからの刺激のによって筋肉を縮ませ鍛えさせます。

なので自分で動かすことなく怪我のリスクが低くなります。

当院絵扱うEMSは医療機器ようなの周波数が高いです。

テレビなどで売られているものは2000から3000ヘルツほどです。

当院で扱うものは4000ヘルツ~16000ヘルツほど出ます。

この周波数の差で何が違うかというと電気が届く深さが変わってきます。

当院で行っているのは体幹の筋肉を鍛えることがメインです。

最近は体幹の筋肉が衰えている方が多いです。若い方でも姿勢を維持するのが辛い方が多いと思います。

この体幹の筋肉に届かせることが出来る周波数が4000ヘルツからになっています。

筋力は鍛えることによって体形の変化や症状の改善もできるようになってきます。
治療と一緒にかけ合わせることによってより効果が出てきますのでご連絡のほどお待ちしております。

三鷹市下連雀にあります喜楽整骨院で行っているEMSで体を変えていきませんか?この機会にぜひ受けてみませんか?

三鷹市下連雀にあります喜楽整骨院で行っているEMSは通信販売で売られている物と違い、より深層にある筋肉に刺激を入れることが出来る装置です!

トレーニングを始めたい人には是非お勧めします!

なぜかといいますと今年からトレーニングを開始して体を変えたいという目標を立てた人が多いのではないでしょうか?

いきなりトレーニングを開始するとこれからの時期は一年の中でも一番寒い時期になっていきます!

非常にはハードルが高くなってきます!

寒い中でトレーニングすることは悪くはありませんが、寒くてトレーニングをやめようかなあと思ったりして結局そのままやめてしまったりしませんか?

そうならないためにも三鷹市下連雀にあります喜楽整骨院で行っているEMSを是非お勧めします!

なぜなら寝ながらにして簡単にできるトレーニングだからです!

全身どこでも出来ますが鏡で見て一番目につく所というとどこでしょうか?

おそらくお腹周りではないでしょうか?

お腹周りを変えていくと姿勢が変わり全身が変わっていきます!

この機会にぜひ受けてみませんか?

お待ちしております!

Q&A EMSとは何ですか?どのような効果があるのでしょうか?

EMSとは電気刺激によって体を鍛える装置のことです!

電気刺激によって筋肉を鍛えていく夢のような装置です!

よく通販で売られているものがありますが、電気刺激が浅くなかなかインナーマッスルと言われているものに対しては刺激が入りにくいです!

インナーマッスル、深層筋に刺激が入るには4000ヘルツ以上の電気刺激がないと入りません。

喜楽整骨院で導入しているEMSは理論に基づいているものですので安心して受けて頂きたいと思います!

説明だけではわかりにくい部分もありますので是非この機会に体験会を行っております!

トレーニングではなかなか鍛えることが出来ないインナーマッスルを鍛えるには最適です!

特に腹筋群に関してはこのEMSをおススメします!

腹筋群は大きく分けて4つに分かれます!

イメージしやすいのは腹直筋ですが、実は他の3つの筋肉が重要になってきます!

他に3つの筋肉が骨盤ベルトと同じような役割をしているからなのです!

その3つの筋肉は外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋という筋肉でなかなか来れることが難しい筋肉なのです!

その筋肉を鍛えるにはEMSが一番効率的に鍛えられるのです!

是非この機会にお待ちしております!

当院へのアクセス情報

所在地〒181-0013東京都三鷹市下連雀4-15-29 ミタカロイヤルハイツ101
駐車場近くにコインパーキング有り
電話番号0422-47-3817
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。(予約優先制)
休診日木曜